コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

淡路島でつくられる、天然由来のインセンス

数多くのメゾンに傑作を残した調香師、フランソワーズ・キャロン氏とのコラボレーションにより生まれたインセンスは、淡路島の「香師」が千年にわたり代々継承する伝統工法で手作りしています。世界各地のその土地に実在する香りや、空想上の香りが私たちを魅惑的な旅へと誘います。

 

〈使用方法〉
棒状のお香1本の先端に火をつけます。炎を吹き消して煙を立ちのぼらせます。お香立てや香炉、または砂や米粒で満たしたボウルに立てます。
燃焼を途中で止める場合には、火のついている先端を軽く潰します。そのままの状態で、再利用が可能です。

 

燃焼時間各30分。1箱 125本、香りの説明(英・仏)入り。

 

 

 

Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)

1996年2人のクリエイターがパリの工房で陶器製造をスタート。18世紀のパリで最盛期を迎えた陶器製造の技術を継承。職人の手作り、1点ものの美しさを大切にしている。最大の魅力は、昔の製法を用いていながら、オリジナリティにあふれる作品を生み出し続けているところ。これまで見たことがないが、どこか懐かしい。そんなスタイルを追求している。 いまでは、陶器にとどまらず、キャンドル、インセンス、ステーショナリー等、アスティエらしい創作の世界を広げている。

Astier de Villatte

INCENSE Anchorage

セール価格¥9,680 - ポイント

ギフト可同梱可

世界の街からインスパイアされて調香されたAstier de Villatteのインセンス(お香)。伝統的な技術を用い日本の淡路島で作られています。雪をいただく山脈と海の間に埋もれた空港の、凍てついた滑走路に降り立つ。力強い足取りが周囲の冷たい大地を踏みしめると、野生の植物や樹脂のウッディでグリーンな香りが立ち登る。

商品情報

品番

22070044

サイズ

W152×D63×H19mm

原産国

フランス

淡路島でつくられる、天然由来のインセンス

数多くのメゾンに傑作を残した調香師、フランソワーズ・キャロン氏とのコラボレーションにより生まれたインセンスは、淡路島の「香師」が千年にわたり代々継承する伝統工法で手作りしています。世界各地のその土地に実在する香りや、空想上の香りが私たちを魅惑的な旅へと誘います。

 

〈使用方法〉
棒状のお香1本の先端に火をつけます。炎を吹き消して煙を立ちのぼらせます。お香立てや香炉、または砂や米粒で満たしたボウルに立てます。
燃焼を途中で止める場合には、火のついている先端を軽く潰します。そのままの状態で、再利用が可能です。

 

燃焼時間各30分。1箱 125本、香りの説明(英・仏)入り。

 

 

 

Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)

1996年2人のクリエイターがパリの工房で陶器製造をスタート。18世紀のパリで最盛期を迎えた陶器製造の技術を継承。職人の手作り、1点ものの美しさを大切にしている。最大の魅力は、昔の製法を用いていながら、オリジナリティにあふれる作品を生み出し続けているところ。これまで見たことがないが、どこか懐かしい。そんなスタイルを追求している。 いまでは、陶器にとどまらず、キャンドル、インセンス、ステーショナリー等、アスティエらしい創作の世界を広げている。